オーダースーツで仕事もプライベートもかっこよく決めよう

多くの人が買い物をする

男性

アウトレットの歴史と誕生

アウトレットモールとは1980年代にアメリカで誕生しました。ブランド品などを低価格で販売する店舗を複数集合させたものです。もともとはブランドやメーカーで売れ残ったもの、B級品などを低価格で提供していたのですが最近ではモールの人気に博してアウトレットでしか購入出来ないブランドも出ているようです。日本でアウトレットモールが出来たのは1993年に埼玉県ふじみ野市にオープンしたアウトレットモール・リズムです。そこからどんどんと増えていき、現在では全国で200件以上のアウトレットモールがあるようです。日本では三井アウトレットパークとプレミアム・アウトレットの二つの会社がツートップで運営しています。アウトレットは、洋服などファッションアイテムも安く販売されていて、多くの人がブランド商品を安く求めにやってきます。

ここでしか買えない商品

飛ぶ鳥を落とす勢いで増えているアウトレットモールですが、最近では新しくモールが出来ると国内初の店舗を施設に入れることでそれを謳い文句に集客をのばすところが増えてきました。また、他店舗との差をつけるためにこれからオープンするモールは例えばフードコートに力を入れ、そこでしか食べられないご当地フードなどを取り入れたり、子供の遊び場を作ったり、様々な新しい試みが見受けられます。また、商品についても売れ残りやB級品ばかりをおくのではなく、アウトレット店と名前をつけそこでしか買えない商品やブランドをおくことで、より集客を増やしています。その他、積極的にSALEやイベントなどを告知してただ買い物をするモールではなく、テーマパークに近い感覚で遊びにいけるというのがこれからのアウトレットの利用法ではないでしょうか。